【注意点あり】エックスサーバーでサブドメインを作成してWordPressをインストールする手順

エックスサーバーではサブドメインを無制限に増やすことができます。

ベースとなるドメインを軸にいろんな企画やプロジェクトでサイトを立ち上げるのに便利なので是非覚えておきましょう。

後述しますが、ドメインのフォルダにWordPressを上書きするのだけは注意してくださいね。

icon image

筆者はまだ右も左もわからない頃に初めて契約したロリポップで2年育てたサイトを上書きで見事パーにした経験があります。

サーバー管理パネルにログイン

ドメインの設定カテゴリーからサブドメイン設定を選択してください。

サブドメイン設定追加タブをクリックし、サブドメイン名を決めます。

その時に無料独自SSLを利用するにチェックが入っているか確認してください。

反映時間

反映時間が最大で1日かかる場合もありますので、気長に待ちましょう。

WordPressのインストール

エックスサーバーのWordPress簡単インストールからインストールできます。

ここが最も注意するべきポイント。

サイトURLのプルダウンメニューから設定したサブドメインを選択してください。

この画像では、Kotaro Studio のドメインに指定されており、この状態でインストールすると新規のWordPressが上書きされてしまいます。

必ずサブドメインになっているかチェック。

自動でデータベースを生成するにチェックが入っているか確認。

作成済みのデータベースを利用にしてしまうと、データベース名をしっかり把握していない場合は同じく上書きしてしまうリスクがあります。

次に進むと最後にこのようなメッセージが表示されます。

『インストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の index.html が削除されます。

自動でデータベースを生成している場合はまずありえませんが、心配な方は生成されたデータベース名が使われていないか管理パネルのデータベースカテゴリーからMySQL設定でチェックしておくといいでしょう。

上部へスクロール